酸洗いで使用される薬剤は?

そもそも「酸洗い」とは?

サビや酸化被膜(スケール)が付いてしまった金属製の鍋やフライパン。そんな時に行われるのが、「酸洗い」です。酸洗いとは、金属を酸性の液体に漬け込む方法を指します。金属を酸性の液体に漬け込むことで、サビやスケールを取り除くことが可能になります。例えば熱処理した金属にメッキ加工を行う場合、表面についたサビやスケールをしっかり落とさないと、メッキがしっかりつかなくなってしまう恐れがあります。つまり金属製品をきれいに仕上げるためには、この酸洗いが不可欠となるのです。

さて、そんな金属をキレイにするために行われる酸洗いですが、使用するのは硫酸や塩酸といった強酸性の液体になります。ある程度酸性の度合いが強くないと、サビやスケールをしっかりと落とすことができないからです。

「酸洗い」に使用する薬剤はとても危険!

金属についたサビやスケールを落とすために重要な「酸洗い」。その時に使用するのが、硫酸や塩酸といった強酸性の液体です。ただしこれらの薬剤を使用する際には、細心の注意を払わなければなりません。

酸洗いをする際は、必ず安全メガネ・マスク・手袋をつけて行います。万が一薬剤が目に入ってしまうと失明の恐れがある他、有毒のガスが発生することもあるからです。さらに皮膚に付着すると、炎症が起きてしまいます。ですので酸洗いする際は自分の身体を守るために完全防備で挑みます。さらに有毒ガスが発生しても平気なように、しっかり換気しながら行います。そして万が一硫酸や硝酸が皮膚に付着したらすぐに石鹸などで洗い流し、具合が悪くなったら病院に行くようにしましょう。

金属表面処理とは、金属表面に皮膜処理をすることで、、防錆、防食、耐熱、対摩耗性を高める処理の事です。