酸洗いとはどんなもの?

酸洗いはメッキ処理の前に必ず行われる作業

酸洗いというのは、金属などにメッキを施すときに前処理として行われる酸を用いた作業のことです。具体的には、金属を溶接したり熱処理をしたりロウ付けを行うときに出るサビや焼け、酸化皮膜、スケールといったものを硫酸や塩酸を用いて除去する作業のことです。この作業をしておくと素材そのものがきれいになり、後に研磨作業などを行わなければならないときに手間を省くことができます。特に、メッキを施すときには必ず行わなければならない作業であるため、かなり重要な作業と言えます。もし、この作業を省いてしまうと、メッキの密着が弱くなってしまいます。また、研磨作業においては、チタンの場合だと、省いてしまうと光沢が出なくなってしまいます。

酸洗いの作業は専門業者に依頼するほうが無難

酸洗いは、チタンやステンレス、銅合金、鉄鋼など、金属の種類で使用する酸の種類や混合比、濃度などを変えていきます。また、酸の温度や混合する時間なども変えて設定します。この作業を間違って違うものを作ってしまうと、酸洗いの効果が出ないばかりでなく素材そのものを傷めてしまう可能性があるので十分注意しなければなりません。酸洗いは難しい作業ではありませんが、刺激性の強い酸を用いるため、一般の人が手を出すのは控えたほうがいいかもしれません。危険な作業とも言えるからです。サビや塗料をどうしても落としたいというような、酸洗いが必要な場面に出くわしたならば、きちんと排気や廃水処理の設備を備えた専門の会社に依頼するほうが無難です。

塗装剥離には「剥離剤を使用する」、「物理的にヘラなどで剥がす」、「熱処理して剥がす」の3つの方法があり、素材の種類や大きさ、塗料の種類により使いわけます。